スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

日月ウィニー 逐条解説

更新日:

イメージ 1
シンプル16種のレシピとなりました。
ざっとですが解説していこうと思います。

マリガン基準

ヒロインXを引いている + DMG3の2ハンドキャラクターを2体以上出せる
or
先手かつDMG3が3体並んで初手に佳奈がなくてエリナスイートピーチ辺りを握っている
を基準として回しています。
理想は先手取って2ハンドDMG3が3体並んでミカクーフーリンが中央に居て佳奈を引いてなくて手札がヒロインXとエリナとかそんな感じですね。
リセットコマンド輪廻転生は諦めてますが、環境的に結構流行ってますので怖い方は先手AF2体止めしてもいいとは思います。

月コストの管理

全16枚で、2枚引けば何らかのアクションが出来るようにしています。
終盤メタトロンが出ていれば問題なく掃けますが、メタトロンが全落ちしてる場合はエリナのコストで切ってしまっていいです。
またメタトロンは月コストが貴重な関係で日コストとしても使えるのを時々忘れたりしますので注意しましょう。
月1点で使えるカードであれば入れ替え可能なので、タケノコやお姫様、リセコマや輪廻をカウンターできるステラなんかは結構面白いかもしれません。

デッキ相性

有利:通常雪単、移動日単
互角:宙単、花単、月単(ただし酒呑童子が出て即アマテラス出来なければ不利)
大体こんな感じかなぁと。
日単ウィニーと比較すると、イベントが少ない分宙単や月単に対してはそこまで強くはありませんが、メタトロン分打点能力が高くなっているので、純粋な殴り合いのミラーでは強いはずなのですが、それ以上に佳奈とヒロインXの噛みあいの方が重要なので正直誤差かもしれません。
八月雪単と輪廻転生はプレイ意識次第で結構相性が変わりそうです。

カード毎の役割

・メタトロン
アグレッシブでDPが3あるので2ハンドキャラで相打ちが取られにくく、終盤は1回目は手札1枚で、2回目は手札3枚程度の消費で3点稼いでくれます。
ゲーム中に何とか登場させたいキャラクターですね。
・ミカクーフーリン
茉莉と同様でDP1のためスイートピーチ状態と相性がよく、おりょうなどの相打ち1ドロー系にも引っかかりません。
またアペシュと違い相手ターンにSP2を利用して縦止めが出来るため、アンズー、イグニス等との相性もかなりいい感じです。
中央AFに出すと盤面が非常に安定します。ただのSP2バニラなのにかなり有難く、混色にするだけのメリットを感じる2種です。
・メディアリリィ
中盤から終盤に差し掛かる辺りの理不尽カード。
このキャラを出しつつ相打ち後のお代わりを用意するのに結構手札がかかるので、序盤は基本コストです。
メタトロンを出す時に引いていると、佳奈や2枚目のアマテラスを切りながらプレイ出来ます。
フェスタでは4積でしたが3積でも良さそうです。
・謎のヒロインX
キーカード。
相手の2ハンドDMG3に合わせると強さがそこまで発揮できないので、アンズーとかの隣にそっと添えたい所です。
雪相手には中央AFに割と出します。
・ガラティーン
絶対相打ちするガール。
ドレイクを入れたくなるけど混色なので難しい。
ガルパン環境になったら月相手に出せなくなります。
・因幡 めぐる
貴重な詰め要素なのでいつでも引きたいカード。
終盤DP止めされててもメタトロン能力破棄から再登場出来たりします。
・渋垣 茉莉
DPが1あるのでスイートピーチと相性がいいキャラ。
能力でゲームスピードを上げる事ができるので、ソルや寧々などドロソを出された時にガンガン使っていきたいところ。ただ自分が佳奈出ていて相手が佳奈出ていなければ使用しない方がいいでしょう。
・アペシュ
ミカクーフーリンが中央AFに出なかった時は中央AFの登場候補になります。
ミカクーフーがいる時はアペシュの反対側のAP上昇量が中々凄い事になります。
うっかり相手のミスを誘って莫大なアドを生み出せるポテンシャルも持っています。
・鈴木 佳奈
初手に2枚引いた場合はデッキから落ちる率が低いので出してしまっても問題ありません。
また場に出ておらず手札にもない場合は落ちた時のコストと出す場所を特に意識してプレイしましょう。
砥ぎ不採用なので日以外の相手にはDF登場はそこまで有効ではないので気にせずAFプレイしやすいです。
・紅因幡
キノコヘルモーズ、砥ぎ等がEX1が厳しいので積めない関係で詰めにやることがメタトロン頼りになっているのでかなり希少な詰め要素。
終盤に出ればメタトロンともかなり相性がいいので、フェスタでは3積でしたが4積を推奨。
・エリナ・オレゴヴナ・アヴェーン
日で個人的に一番強いと思ってるカード。
移動で安定して3点を叩きこむのが売りの移動日に対して無類の強さを誇ります。
突っ立ってる低サポートを利用できるのも美味しいですが、実質2点アグレッシブ軽減だったり、後ろで移動するSP2が強かったり、相打ち滑り込みが出来たり、DFにSP2が並ぶので普通に硬かったり、月コストを掃けたりと大活躍します。
・アマテラス
ジャンヌオルタ改め絶対酒呑童子止めるウーマン。
AP6を越えるにはアシュリーモヨ子まで必要で序盤に決めるのは中々難しく、止まってる間は3ハンドを2ハンドで止めつつ、酒呑童子側は能力維持のため3ハンド以上抱えていなければならないという制限があり、対月で日が勝てる要因として非常に分かりやすい1枚です。
・イグニス
とても小回りの利くキャラ。
3ハンドAP5のブロッカーとして使えるのはもちろん、そもそも相手ウィニーに対して2ハンドとして合わせる事ができ、DP2なので隣にSP2が1~2体並んでいるだけで普通に硬く、事故った場合DMG2あるので最悪AFに出せます。
・アンズー
ヒロインXとエリナの相方。
日月の場合はミカクーフーメディアとも相性がよくてフィアッカ対面にも刺さるので4積でも問題なさそうです。
・スイートピーチ状態
場が揃ってくる中盤以降に活躍するイベント。
ただヒロインXを引いていると普通に物量戦になって出番がない事もしばしば。
対宙、花相手には引き込みたいカードですが、3積でもよかったかもしれません。

-Lyceeデッキレシピまとめ

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.