スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

リセフェスタ名古屋レポ20170402(霧風)

更新日:

そんな訳で名古屋に行って来ました。
使ったデッキは、大阪フェスタ入賞のゆきおさん原案ロブさん構築のカルデアス4投のEX2多めの花日を自分なりに弄った形です。
やる度に違う姿を見せてくれるので、お二人も言ってますが色んなゲームプランを立てられるのが強みなのと、このデッキの場合カルデアスは何枚引いても事故にはなりませんが、引けないと逆にキツイというのが特徴です。
こういう時にこうする、とかのいわゆるパターン化に時間がかかるので、使用者の能力と練度に結構依存しそうな感じがするデッキです(フラグ)

一回戦 雪単 ◯

初手ジークフリート、セイバーオルタ。
返しネロネロダレイオス、日単かな?w
相手Uマシュサンソン。次ターンSRマシュ。
こちらメディアリリィでネロを突破させるも相手もafジルドレェで場が固まる。
途中バトル中黒エクスカリバーで二体吹っ飛ぶもすぐに場を再構築。結局序盤の打点差が響いてそのまま勝ち。

二回戦 日単 ×

今回の優勝者さん。
こちらネロネロだったかな。
相手プロモドレイク、ロムルス。
ロムルス止めたいけど、エウリュアレ、ステンノ、日向、ダレイオスみたいな手札だったので1ターン待って何とかステンノエウリュアレ。
相手プロモネロ、さらに途中でアンボニーメアリーリードの比翼連理コンビのSP2やらプロモドレイクの支配力が強くて場が止まる。こちらマリーで対面に相手ブーディカ出したりで最終的にこんな感じの場に。

イメージ 1

イメージ 2

ここに至るまでにプロモドレイクが強くて打点でかなり負けており、この後プロモドレイク対面にブロッカー連打で残デッキも枚数が追いついていきます。最後カルデアスか日向か信長があれば詰めれる差までは辿り着くも、全部落ちてて詰め手段なかったので敗北。
途中プロモネロの処理やロムルスの合わせ方、アンボニーに相打ちアタック等、色々やりようがあった気がするので要反省です。

1-1ですが、2戦目までに1敗してたらドロップと決めてたので3戦目開始と同時に始まるバトルラッシュ勢に。
今のフェスタは1敗すると最後まで頑張ってもよくて1box、4-2か5-2にでもなろうものなら参加賞プロモだけで終わります。バトラなら開始時から頑張れば大体1box以上の戦果は手に入りますし、引きが弱くても最低限何かしら手に入ります。
という感じで結果がこちら。

イメージ 3

2戦ほど勝ち確定をケアレスミスで落としています。
練習不足とプレイヤーの実力不足、試合数を多くしようという焦りと、シャッフルを怠った事でデッキの実力を発揮し切れなかった感がかなりあります。反省。戦果はこちら。

イメージ 4

3連勝だと流石にそこまで貰えませんね…。7連勝はバトラに参加したなら気合で取れるように頑張りたい所です。

今回は不甲斐ない結果となってしまいましたが、次の岡山までには練習してリベンジしたいところです。
そんな感じで!

-Lycee overture

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.