スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

名古屋フェスタ大会レポ(りおし)

更新日:

はじめまして、りおしと申します。
今回名古屋フェスタに運良く入賞でき、ちょうど終わった後に霧風さんとご飯をご一緒した時の流れで名古屋フェスの大会レポを書かせて頂くこととなりました。

あんまり寝てなくてうろ覚えですがデッキの考え方と簡単なレポを。

使用デッキ:日単

≪解説≫
まず、そもそも最近地元の4人ぐらいの大会しか出たことなく、今回大きな大会に出るのが初めてだったので、色々情弱でした。
例えば手持ちの花単にマシュ0枚だったんですが、説明されて強さを知るレベル。

そんななので前日の調整会の際にデッキを見てもらって
「なんで日向ぼっこ1なの!」「割り箸ぬこか」「カルデアスつも?」「令呪1?」とか
色々意見頂きながら、意見の取捨選択して自分なりに組んだのが公式のレシピとなります。

https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=58&festano=4

とはいえ良くある日単のレシピだと思うので多分特徴は時代に逆行してカルデアス0なとこぐらいだと思います。
5勝以上のデッキでカルデアスの入ってないデッキは自分含めて2人だけ。どちらも日単ですね。
なのでそこの考え方だけ。

■カルデアス0の理由

イメージ 4

1.上記のとおり自分は色々研究不足なので
 4ハンドキャラに撃つ、詰めで撃つ/防ぐ以外の強さが分からなかったこと。
 状況で強弱のムラが激しいカードに事故の原因であるEX0の枠を割きたくない。

2.自分のプレイスタイル的に相手のテンポを崩すよりも自分のテンポが崩れることが嫌いなこと。
 (例:こっち玉藻ネロ展開カルデアス残しエンド。相手ネロ金時展開、玉藻にカルデアス。
    ここでハンドがカルデアスなせいで玉藻お変わりできず、
    相手の金時にカルデアス撃つの?っていう状況とかほんと弱いと思います。
    他にも後もうEX1あれば強い場が作れるのにっていうことも多々ある)
 
3.カルデアスを積むとデッキのEX1の枚数を削らないと事故要素になる。
 EX1を減らした日単は果たしてつよいのか?
 →個人的にはあんまり強くないように思いました。

4.じゃあお前先攻玉藻ネロエンドとかされたらどうすんの?
 →ちゃんとそこでしっかり握れて事故らない人は積んだほうが強いよ!
  ただこっちも同等の引き出来たとすれば玉藻ネロロムルスとかで負け確ではないはず。

  最近カルデアス妙に警戒して玉藻減ってる気もするから金時ネロエンドとかされることも多いでしょうし
  その場合はカルデアスがあると微妙だし、割り切ってます。

カルデアスプッシュの霧風さんのブログでこういうこと書いていいのかアレですがやっぱり2のプレイスタイルによるところも大きいと思うのでご容赦くださいw
実際カード使用率も1位だし大阪の結果から見てもカルデアス強いのは間違いないと思います。

≪大会レポ≫
〇 宙単(ハルさん)先行
先攻玉藻ネロエンドでゴリ押ししました。

イメージ 3

〇 宙単(ラビクリさん)後攻
ブラドアルテアエンドでブラドに3/1合わせたら制服引きました言われてテンポ取られる。
次に出てきたダレイオスに合わせる3/1も引けず途中デッキ枚数20-30。
令呪はあったので3ターン後にそれで詰める流れだけ考えて
最後手札0、場もほぼ全部使い切って相手のデッキ2枚でぴったり勝ち。
アルテラが下がるターンが1ターン早ければ負けてました。

〇 日単 先攻
相手ロムルスティーチPネロとかで後ろから固めてきたのに対して
相手のロムルス腐るから多少のアド損はいいやーって
ドレイク出してネロとティーチ相打ちしてテンポを握って勝ち。

×  日単(枝豆(小島)さん) 先攻
先攻AP3のカードがなかったのでネロエンド。
に対してPネロドレイクアンボニーで1点も通らない構えを敷かれて厳しい。
アンボニーと相打ちからネロおかわりするも打点3を引けずお互い細かい打点を刻む泥仕合な感じでした。
序盤のテンポ負けもあったので令呪2枚握ってワンチャンスを狙ってたけど
その隙を相手が見せてくれず付け入る隙がなかったので負け。

〇 月単 先攻
先攻玉藻ネロエンドでゴリ押ししました。

イメージ 1

〇 月単(えりんぎゃーさん)後攻
ジャンヌ、ディルムッドエンドに対して
それぞれダレイオス、メアリーを合わせてAF金時でエンド。
次ターンディルムッドパンチ、メアリーガード、能力でメアリー一方ダウン。

イメージ 2

知らない。勝ち。

…テキスト読めない残念な人でしたが3点を刻みあう遅い展開かつ
相手の後ろが2/3,1/3で固めてくる場だったので
中央AFアンボニーに左右金時ドレイクのAP4っていう有利な場を構築してそこでカルデアス使わせたりして序盤のアド損を何とか巻き返した感じになります。

〇 花単(かづきさん)後攻
相手両脇にアレキサンダー、ステンノと弱い展開。
こっちステンノ前にドレイク、AFに金時ネロでエンド。
次のターン中央マリー追加ステンノパンチ対応でネロ動いてドレイクサポートして
マリーの2点減らしてテンポを取り、相手DFが埋まるのが遅れたのもあってAFの2人強くて押し切り。

そんな感じで6-1で4位入賞でした。

事故率は低いデッキだとは思いますがそれでも引きが全体的に強めだったのと
前日1→3に増やした令呪が接戦で活躍してくれたのが勝因かな。

経験値低いので前日の調整会では「中央AF信長置くとか雑魚かよ!」とか
色々突っ込まれながらプレミしまくってましたが
そこであらかたプレミを覚えたおかげで本番はあんまりミスなく出来たのが良かったと思います。
フリーではとりあえず直感のままにやってみて後で反省していくスタイル(

そんな感じでざっくり書くつもりが長文失礼しました。
…6戦目はまぁ月と雪のカードほとんど知らないのでもうちょっと経験積みます。。

-Lycee overture

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.