スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

リセフェスタ大阪(20170617)

更新日:

6月大阪フェスタブログリンク

2位のLazyさんの記事はこちら
3位のマミヤナガツさんの記事はこちら
4位のしろたさんの記事はこちら

参加してきました。

使用したデッキは月単ウィニー
AFにプロトクーフーリン、クトネシリカ、主人公&リディ、セイバートゥースの小型と、ジャンヌオボロが居なければ月1点で出せる佐々木小次郎ことゼルコヴァを並べて相手がブロッカーを合わせてきたらエンゲージ。相手もAFを並べてきたらこちらもDFに2ハンドDP3やモルガンカリギュラ等の相打ちキャラを並べて止めていく、という動きのデッキになります。
日単ウィニー同様アタッカーが軽いため対雪に強く、また花単や月単に対してもバルムンクが居るため固まっても突破力があるため日単ウィニーより勝負しやすく、また苦手の宙オダステ中型多めが東京フェスタで使用率の高さに反して結果が出なかったため使用率が落ちるか、またはウィニー気味になると読んで環境的に勝ちやすいとの読みでした。
以下簡易レポ。
大阪フェスタ
使用デッキ:月単ウィニー
一回戦 花単 先行 ×
こちらAF3体ダメージ9点コースに対し、相手オーアドラグ、SRエリザベート、マリーアントワネットのピカピカSR陣で10点コース。
カリギュラ引くまで2回SRエリザベートが通ったのが致命傷で、場が固まりだしてからバルムンク引いたりSRジャンヌの能力で打点軽減するも、最後相手ノーハンドから2ドローでキャラ出せずこちらノーハンド2ドローからエンゲージキャラを引けば勝てる状況まではもつれ込むも、相手キャラ出せたので詰み。
二回戦 花日 〇
AF3体並べて順調に殴りながらバルムンク決まって勝ち。
三回戦 宙単ウィニー 後攻 〇
地元の知り合いの方でまさかの自分が作ったデッキとの対戦。直前のフリプでも負けています。
じゃんけんにも負けていよいよ負けたかな、と思いつつ相手の初手が弱くて助かる(詳細覚えてないけど!)
そのままバルムンクゲーまで持ち込んで勝利。
四回戦 月単 先行 〇
初手クトネ、主人公、バルムンクスタート。
相手主人公とプロト。
こちらプロトにアクエリア合わせたらオボロ。
サポート強要出来るタイミングでアクエリアはオボロ能力込みでダウンさせて、最後は手札1枚でトップからエンゲージキャラ条件でアイスブランド引いて勝ち。
五回戦 雪単 ×
相手ミストルティンからヘカトンセイブザクイーンとか。
こちら序盤からAFにウィニー3体で順調に打点を通して打点的に優位な状況で場が完全に固まるものの、バルムンクを引けない間に相手の場にミョルニルアヴァロンが揃ってしまい、手裏剣3回と荊軻2回決められて逆転負け。
途中ステップ持ちのロンギヌスと主人公で一方散りから3点入れて主人公再登場が出来るタイミングがあり、相手の除去やこちらがバルムンクを引いた時を考えて手札温存に走りましたが、今考えるとこれは行くべきでした。
1勝で50ptかつスイスドロー終了後もバトルラッシュ参加タイミングがあるとのことなので最後まで参加しました。
六回戦 宙単 〇
AFウィニー陣並べてバルムンク出して勝ち。
結果:4-2
プレミで5回戦を落としたのが本当に悔しいですね。
以下今回のフェスタの雑感など。
イメージ 1

今回のデッキ使用率になります。
トップメタの雪単とそれをメタった日単と人口の多い宙が多めです。
公式では主人公やクランベリーでグラーシーザを出すタイプのデッキも纏めて雪単と表記されていますが、こちらでは雪グラーシーザと別記しています。該当する使用者は4名居ました。
イメージ 2

次に入賞者のグラフです。
先程のグラフで使用率が少なかった花単、雪日、雪グラーシーザが上位を占めており、使用者及び構築が非常に優れていたという事でしょうか。
特に2位のLazyさんと8位のぽんさんの雪日はオンリーワン構築でお見事ですね。
また注目なのは5位のまききゅ~さんのデッキに搭載されているこのコンボ。
イメージ 3
イメージ 4

2ハンドで+2+2が唐突に飛びつつ、サポートして行動済みになった1:3:3が再度起き上がって別の場所にも移動できる、というかなりアクロバティックな動きが出来ます。初めて食らった時は感動しました。

イメージ 5
イメージ 6

また花は他のデッキに比べてFGOのカードの比率が高く、レールガンタブーの能力を起動するために、場に既に出ているキャラクターをもちひつじで陽天アークを踏みつつエンゲージ登場させる場面もあると思います。

結果が出た後にいうのもアレですが、個人的には日単だけでなく、月単や宙単や花単もウィニー気味に構築を寄せれば雪単と十分戦える性能があると思っています。その際に重要になってくるのが2ハンドDMG3キャラの存在ですが、次の記事で取り上げたいと思います。
雪にパワーカードが多いのは事実で構築時点で意識せざるを得ず、結果として4ハンドキャラは淘汰されていますが、どの属性も戦えるのは良環境に感じます。
今回は構築には結構自信があったのですが、プレイヤーのスキル不足で結果が残せず無念です。
そんな感じで~。

リンク集

Fate/Grand Order勢へ
リセティーチング動画序章
リセティーチング動画前編
リセティーチング動画後編
勝てるプレイングやデッキ構築を身に付ける方法
Lyceeoverture通販サイトまとめ

-Lycee overture

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.