スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

Lycee overtrue GP(グランプリ)finalに向けて

更新日:

イメージ 1

公式Twitterより。
発言にまだ変更の余地を残しており、属性別の1位だけが権利取得とは限らないし、全国大会の名称がGPかどうかもわからない。
とりあえず7/15名古屋、8/27大阪、9/2東京の三大都市には既に予選の予定が告知されており、更に9/23の札幌でも行われる見通し。
このペースでフェスタが行われるとなると、博多で1回、中国・四国地方で1回、あと3大都市でもう1回くらいは行われるのではないかと予想している。
その場合、重複入賞者がない限りは、40~50人くらいが権利を取得できるのではないだろうか。

そもGP(グランプリ)finalとはなんぞや?

2005年~2014年まで計10回行われたLyceeの1年を締めくくるイベント。
店舗予選大会の優勝者が参加できる大会がいわゆるGP(グランプリ)で、開催形態はフェスタとほぼ一緒。
GP1st、GP2nd、GP3rdの優勝者、もしくは1敗ライン以上のプレイヤーのみが参加出来たため、1回戦からフェスタ決勝戦レベルの戦いが行われる1年の最強プレイヤーを決めるイベントと言える。
LyceeOpenなど優勝が難しい超大型大会は別にある事はあったが、基本的に全一と言えばこのGPfinal優勝者を指すのが自然ではないだろうか。過去のGPfinalの優勝者の歴史を紐解くと、
2005 豆氏
2006 豆氏
2007 タマーMAX氏
2008 楓月氏
2009 タマーMAX氏
2010 ゆきお氏
2011 misakie氏
2012 513氏
2013 アネモネ氏
2014 とまと氏
となっており、上記8名中6名のLycee overtureの公式大会への参加を確認している。楓月氏はリセフェスタ東京で優勝したばかりで記憶に新しい。
何にせよ過去のチャンピオンと今でも戦えるというのは有難いことである。

どの属性を使うべきか

権利だけを狙い撃ちするのであれば、ライバルが少なくなるデッキ使用率が少ない属性、主に月や花あたりが狙い目かと思われる。
雪は最激戦区なので権利は取りにくいが、使用率が高いだけあって強力で、優勝出来る可能性は高いので悩ましいところ。
権利をチラつかせることで属性使用率のバランスを取ろうという中々面白い試みをしてきたなぁと個人的には思っています。

リンク集

Fate/Grand Order勢へ
リセティーチング動画序章
リセティーチング動画前編
リセティーチング動画後編
勝てるプレイングやデッキ構築を身に付ける方法
Lyceeoverture通販サイトまとめ

-Lycee overture

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.