スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

神姫月単のカード毎の役割について

更新日:

初心者講座に第5回「キャラに役割を持たせる」を追加しました。
神姫月単全般については【デッキレシピ】神姫月単【らじお】に書いてある通りです。
なのでこちらは前記事に書いた4項目と、カード毎についてつらつらと。
1.神姫月単を使ったことがない人に対して有利

例えば初手にソルを出すとか、初手に動けないAFキャラを出すとか、神姫月単に対してやると負ける行動は結構あります。
自分で使ってみて色々試してみて気付くことが多く、対戦経験とか知ってるだけでは気付かないようなのも結構あるのでとても研究のし甲斐があるデッキです。
なので神姫月単対策をする場合は、まずは使ってみるのが一番だと思います。
相性のいいカードを増やす以上に、やると負ける行動を極力しないようにする方がおそらく重要です。
2.先手後手どちらでもOK
先行だとモルドレッドエンド。後攻だとリカバリーからモルドレッドをだすか、ポセイドンモルドレッドして手札を1枚残す感じになると思います。
リカバリーが起動しない場合は相手が1体エンドなのでそこまで先行優位は取られません。なのでどちらでも大丈夫。
3.初手の行動とマリガンが簡単

マリガン基準:ポセイドンがあればキープ、なければマリガン
先行:モルドレッド登場エンド
後攻:モルドレッド+リカバリーorポセイドン
以上。
4.手札アドバンテージを無視していい
相手よりキャラが少ないと起動する能力が多いので、基本的に手札アドバンテージは無視で大丈夫です。
相手にドロソ出されても頭数増えたくらいにしか思わないのはストレスフリーですね。(ただし寧々から得たアドを全て除去に還元される場合を除く)
ではカード毎に解説とか。

モルドレッド

イメージ 1

先行初手なら左右AFどちらかに出してエンドします。
能力のおかげで相手の動きを見てから動くことが出来るので手札に余裕が出来ます。
ですが1点でも得が出来るなら能力が不発になってでもブロッカーは置いた方がいいです。
神姫月単は手札アドバンテージは無視しても構いませんが、打点が何点進行しているか、だけは注視しておきましょう。

ポセイドン

イメージ 2

唯一のマリガン基準です。持っていなければマリガンしましょう。
後攻で出す場合の布陣は、ポセイドンを中央AF、モルドレッドを左右AFに配置し、動けない相手AFをモルドレッドの反対側に送り込むのがお勧めですが、宙相手の場合は茉子で裏目があるので出来ればバアルなどの後ろに送り込みたいですね。

龍王

イメージ 5

対宙最終兵器。
神姫月単ミラーの場合最初に出したいキャラです。
念動力で味方がやられるのは防げますがこいつ自身は念動力で止まるので要注意。

アルテミス

イメージ 4

ポセイドンと違ってDFキャラを指定する事が出来ます。
使い方もDF→DFでモルドレッドの前を空けて攻撃を通す、攻撃されているバトル中に能力を起動して寝たままDF送りにする、念動力龍王などを打たれたバトル中に相手DFキャラをずらしてバトルを中断する、などなど色々選択肢があります。
神姫月単ミラーでは2体目にAFに出したいキャラです。

カーマ

イメージ 3

中盤のエース。
対雪では頼れるアタッカーとして使えます。
対花など固めるデッキ相手にはカーマ能力だけ通る盤面を作るように心がけましょう。
その場合どうしてもDF登場が多くなるため、手札には2枚目が来ても出来るだけ切らないようにした方がいいです。
またDFカーマを決められた場合は、カーマ対面キャラはアタック一方ダウンする事も考えましょう。

メリジューヌ

イメージ 6

日か(通常)月相手には出来るだけ道中キープしておきたいカードです。
日はキノコリオンを2枚以上キープしないように、月は手札を抱える余裕を無くすようにキャラ展開をしていくといいでしょう。

神龍眼

イメージ 7

場キャラを増やさずに打点を増やせるカード。
終盤手札5枚から神龍眼ジェフティかアルテミスでモルドレッド6点が様式美。
ただ序盤に張った場合、対面ペパロニなど優秀なブロッカーを出されると途端に苦しくなるので要注意。

オルフェウス

イメージ 8

手札アドを気にしなくていいデッキなのでかなり強力なブロッカー。
龍王とセットで止めれば、能力でキャラを処理した後も手札に戻すことが出来ますし、何かしらあった場合も手札損を抑える事が出来ます。
出された場合は、モルドレッドの能力の関係上、オルフェウス以外の列から殴るように注意しましょう。

キュベレーとの出会い

イメージ 9

荊軻ギルドオーダーなどのこちらのキャラを対象とした除去や、ご褒美念動力など相手キャラを対象にしたイベントなどを無効化できます。
山の翁エリナなど黄色文字ではなく対象を取っていないため無効化できないカードもあるので要注意。
雪や宙相手には出来るだけ握っておきたいカードですね。

アフロディーテ

イメージ 10

龍王やアルテミスの重要度が高い対宙や、対日でポセイドンが通用しない動けるDMG3アタッカー相手に打点レースする際に重要度が高くなるキャラです。
モルドレッドによってお互い手札キープする展開になった場合に、このキャラから先陣を切って殴っていくと優位を取れる場合があります。
フェスタでは3投でしたが、使用率の高いデッキ相手に有効なので4投が安定です。

ニケ

イメージ 11

アグレ2点回復になりやすく、キャラが除去されると1点回復になるので対雪に強く、またリカバリーを発動するためにキャラ数を調整しやすい終盤に活躍するキャラです。
リカバリー2点回復は、ジェフティ、神龍眼あたりがお勧めです。
神姫月単ミラーでは3番手くらいの優先度があるかもしれません。

クーフーリン

イメージ 12

出す時はほぼアグレ2点回復かつAP5のアタッカーかブロッカーとして機能します。
対雪で強力なのはもちろんとして、モルドレッド以降に相手キャラに合わせてキャラを出していく時に、カーマやニケ、龍王がなかった場合などの事故を回避できます。

ドゥルガー

イメージ 14

1枚のカードで2ハンドDMG3止めと3ハンドキャラ止めを担える便利なキャラ。

2ハンドAP3がメリジューヌしか居ないため貴重な役割です。

ディアナ

イメージ 13

モルドレッドの対面をエリナなどAP6で止められた時や、ポセイドンやアプロディーテが西住みほなどAP5で止められた場合に活躍するキャラ。
いつでも自壊出来るので場キャラの数を操作しやすいですが、出す機会は意外と少ないので3投まで削っても問題はない枠かもしれません。

アプスー

イメージ 15

対日に欲しいカード。
雑に置いておけるSP2であり、いつでも消えられるためモルドレッドと合わせて打点減がしやすいのが強力です。
とりあえずこんなところで。
正直未だに研究が足りていない感じしかしないので、まだまだ気付けていない要素が多そうです。

リンク集

勝てるプレイングやデッキ構築を身に付ける方法
これからLyceeを始める人へ(デッキ構築初級編) 
これからLyceeを始める人へ(プレイング初級編) 
神姫プロジェクト1.0 通販リスト

-Lycee overture

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.