スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

第5回「キャラに役割を持たせる」

更新日:

では第5回「キャラに役割を持たせる」について説明していきます。

まず相手が千歳佐奈をAFに出してきたとします。
こちらは対面に佐奈の攻撃を防ぐためにアストルフォを出しました。
イメージ 1
すると相手は佐奈の隣にマリー・アントワネットを出してきました。
イメージ 2
これで佐奈の攻撃はAP3+マリーのSP3で6になり、アストルフォで防御すると一方ダウンする数値になりました。
ここで攻撃を受けてしまうと、第2回「バトルで一方ダウンしない」で書いた通り敗因になりますので、攻撃はスルーせざるを得ません。
そうなると、防御をしないDFキャラの為に手札を2枚消費したことになり、実質手札2枚を損しているのと同じ事になってしまいます。
第1回「キャラはAFか出す」で言っている、攻撃を防御する方が難しい、はこのようにキャラ登場によるSP追加が主な原因です。
防御しきれる可能性の薄い状況では、出来るだけDFキャラは出さず、他の行動(AFキャラを出す)に手札を使った方がいいでしょう。
では次の例について説明します。
まず自分がエリザベートブレイブを出したとします。
すると相手はDFにアカギ、その前のAFにトールを出してきました。
イメージ 3
これに対して同じ列のDFにアストルフォを出したとします。
イメージ 4

この場合、攻撃が止まったブレエリのSP2とアストルフォのDP3でトールの攻撃(AP5)が止まることになります。

使った手札は、列の合計だと相手が6枚に対して、こちらは4枚しか消費していません。
止まったAFキャラのSPを利用して相手の攻撃を止める事を縦止めと言い、リセにおける重要な技術の一つです。
 
上記の場合、ブレエリは対面にアカギを置かせて手札を2枚消費させた上に、SP2でトールの攻撃を止めるのに貢献しており、攻撃が止まっても役割を持っていますが、アカギはSPが0なのでブレエリの攻撃を止めた以上の役割を持っておらず、そこで差が付いています。
SPが高いキャラは基本的に腐りにくい(役割を持ちやすい)です。
Lyceeは、手札を使って場にキャラを出した以上は、上手くキャラを活かしていく(腐らせない、役割を持たせる)のがとても大事です。
実は第1回から第5回まで一貫して同じことを言い続けており、つまるところ
手札を無駄にしない
ための行動について述べています。
個人的にLyceeにおける初心者と中級者の差は
アドバンテージ(手札差)について理解しているか
だと考えていますので、今までの記事で紹介したような、明かに手札が無駄になる行動をしないようになったら初心者卒業だと思います。
では第5回はこの辺で。

-Lycee初心者講座

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.