スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

リセフェスタ大阪4月 通常構築戦 2019-04-14

更新日:

という訳で行ってきました大阪フェスタ。
今回は真面目に優勝狙ってたので、握るデッキを気持ち真剣に考えました。
となるとメインメタはチーム戦でも暴れ回ったガスト宙かなと。
ビートダウンデッキ全般に有利がついてしまうこのデッキに勝てないようでは上には残れないだろうと思ったので、このガスト宙に有利が付くデッキの中で一番優位なデッキとは何か、と考えた時に輪廻に辿り着きました。
ガスト宙が持つドロソである玉藻は、キャラを出さない限りドロソとして機能しないので、キャラを増やしたくない場面が度々発生する輪廻相手ではその性能が発揮できないので、VA雪や雪単と違って何枚引かれても困らないんですよね。
ただPかなでが追加されたため、以前ほど雪系デッキに対して輪廻は優位を取れなくなったので、そこが懸念と言えば懸念でした。
前日紫電邸に泊まりつつ調整を行い翌日の本番へ。
リセフェスタ大阪
一回戦 花単 ×
先手会長クド
こちらかなでAFとしろは、R寧々をDFで相打ちの構え。
そしてやってくる小鳥
ここで輪廻あれば楽な所だけど引いてない。
まぁ後衛で腐ってれば3ハンドでお代わり出したのと一緒だろうと相打ちプラン。
その後適当に殴り合っていぐにっしょんが4枚になった所で輪廻。
シビラで誤魔化してみるも相手AFが途切れず、もう一度輪廻した後に玉藻ウルクで押し切られて負け。
二回戦 宙単 〇
新宿のアヴェンジャーレオニダスって出されるも、フィアッカ連打とPかなでで受けて後はかなでからハンドソニック連打で勝ち。
三回戦 日雪リセコマ 〇
佳奈の対処に苦しみつつハンドアドを取られながらも打点だけは優位展開し、輪廻で何度か先行を取り直して押しきり勝ち。
四回戦 日月マーリン ×
Lazy「リーダーありまーす」
このご時世にリーダーですとな?
と思いつつマーリンがめくれてデッキ確定。
こちらPかなでエンドでつらつら。
相手ソルから順調に展開。
途中の友利ルージェニアのコンビが辛くて打点を防げず、最後は輪廻後にゆさりん秋山で負け。
友利の出現位置を間違えるプレミが序盤にあり、それで2点損でドローがずれたので、本来ならどうだったかな、とちょっと気になる試合ではありました。
五回戦 アイギス花 〇
友利スタートしたら相手事故ったらしくDF3面展開。
こちらもメルト寧々とかで無理やり通すもフレデリカが来てさあ大変。
シビラで遅延しつつかなでの通過を待ち、かなでが来たタイミングで相手ハンド1枚の時にハンドソニックフレデリカで隠密を打ってもらい、その後輪廻を通す。
その後2面来たタイミングでもう一度輪廻で勝ち。
六回戦 雪単 〇
お互いシビラを消し合って小型で殴り合った結果ロングゲームとなり下の盤面で時間切れに。
デッキ 3枚 手札3枚 ナナリー、土岐のぞみ、何か
リース のぞみ ナナリー
 空  Pかなで Sかなで
フィア 友利 Pかなで
 空  R寧々 セーラ
デッキ4枚 手札3枚 輪廻、セーラ、何か
フィアッカからリース回収輪廻でペナ1点を防げる方法がないので勝ち確定です、みたいな説明をして投了を貰う事に。
詰め筋多分ないと思うんですけど...あったらクマーさんマジごめん。
結果:4-2
イメージ 1
勝ち星から遠退きすぎてリセの勝ち方が本当に分からなくなってきた。
このゲーム、負けた時敗因が概ね自分のプレミに帰結するので運とか引きとか言い逃れができず、負けた時マジで辛くて悔しい苦行のようなゲームなのに何でやってるんだろうと時々不思議に思うことがあります。
リセ楽しいです!!
イメージ 2
もうすぐゆず発売ですね。
発売直後の東京は割と行く気満々でしたが仕事で無理っぽい感じです。
ではではそんな感じで。

リンク集

千年戦争アイギス1.0 通販リスト
Lycee初心者講座
これからLyceeを始める人へ(デッキ構築初級編) 
これからLyceeを始める人へ(プレイング初級編) 

-Lycee overture, 大会参加レポート

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.