スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

リセフェスタ東京12月 通常構築戦(2018-12-08)

更新日:

という訳でFINALの前日、リセフェスタ東京に出てきました。
使ったデッキは月単
花単と輪廻に有利なのでfinalでも使用候補だったのですが、ここに来て流行し始めたSSSデッキにまったく勝てない!
具体的に言うと、遊佐SSS!投了!って感じでした。ダイヤは1:9くらいあったと思います。
なので大幅にデッキ構築を改造していくことに。
1.億年の不採用とマシュの再採用

億年が遊佐にも岩沢にも刺さらないので、輪廻見るならともかくSSS相手にはハンドソニック以外役割がない。
相手もハンソニ切って岩沢とかしてきますしね。
という感じなのでマシュ経由でガンガンキャラを沸かして圧迫していくスタイルに変更しました。
特に酒呑朱音で相手のゆりかなでビートを3点に抑制しつつ、本命のの能力を通すという動きが勝ち筋でした。
これのお陰で1:9が3:7くらいに軽減されましたね...。
2.安藤、ミカ、クーフーリンの採用

2ハンドでマシュを消させてから2枚目のマシュから出したり、後手で酒呑童子から3ハンド行動をする時に強い組み合わせを作れるカード群です。
1:1相打ち群をかわしつつ縦止めも作れるSP2でやっぱりミカクーフーなんだよなぁってなりました。
3.フランケン、万古の再採用

ミカクーフーが止まるのはもちろん、朱音、酒呑がイグニスでよく止められるのでそれ対策にロビン、フランケンを投入。
後は日単に対して有効牌を増やすために万古を採用。ついでにヴェンダースもメタれますし結構環境が向いてきてる感じがします。
とまぁここまで改造して思った事なんですけど。
イメージ 1

1年前から明確に変わったと言えるのが、お姫様、友利、、朱音くらい。
それ以外の面子が1年前からほとんど変わっておらず、そりゃ最新環境で戦えないよと思いました。
とはいえ上位デッキに相性がいいのでそれだけで食っていければいいなという気持ちで出てきました。
リセフェスタ東京
一回戦 宙単 〇
正直負けたかなって思ったけど後手鴎が全てを救ってくれて勝ち。
二回戦 日単 〇
順調にDMG下げて勝ち。
三回戦 花単 〇
以前ボコられて明日も会うことになるディラミス氏。リベンジなので気合いを入れる。
順当に先手酒呑朱音決めて勝ち。
四回戦 花単 ×
まさかのふるで名人とマッチ。
以前負けてリベンジを誓ってから1年半ぶりにようやく当たる。
「あれから成長した僕の姿を見せてやりますよ!」とドヤりつつリベンジ宣言。
デッキも期待に応えてくれて酒呑朱音が決まる。
が相手も杏、ハロエリ、朝霧とガンメタ布陣。
更に桃からみほで朱音絶対に止めるモードされ、こちらも朝霧対面を押田で止めつつタケノコをがっちり握り込み、友利メルトで引きこもる体制に。
終盤会長にヴェンダース来たタイミングで万古が決まり、もろたで工藤と思った途端にルルメ踏み付けからDF展開でいよいよ通らない感じに。
お姫様打つにもがめてるタケノコが邪魔で動くに動けない状況に追い込まれ、最後はデッキが足りなくなり負け。
イメージ 2

五回戦 日単 ×
小島氏とのマッチ。
カルパッチョをお姫様で一方取るも、朱音を発動させるためにキャラ展開ができない。
最後万古で止めようとするもヘルモーズ連打で臨終。
六回戦 SSS ×
デッキ置いた時点でかなり厳しいけど引き差もあり負け。
七回戦 リトバス ×
スペック差が尋常ではなく何もできず負け。
結果:3-4
流石に流石に流石にこの結果ではFinalで握れないというか花単相手に先手酒呑朱音で負けるのはプレイヤーの実力差を加味しても環境の立ち位置が分からなくなってしまいました。
という感じで迷走したまま翌日のFINALに続きます。

リンク集

Lycee初心者講座
通常構築戦トップデッキまとめ
シングル戦タイトル別デッキまとめ
ビジュアルアーツ1.0 通販リスト

-Lycee overture

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.