スマホメニューは右上青色部分をクリック。2019年Lycee竜王戦2位。2018年Lycee名人戦2位。2017年Lycee名人戦4位。

Lycee(リセ)戦記

大阪フェスタレポート(sey)

更新日:

密かにリセ復帰してるseyです。

マイブログ迷い家はログインpass(当時のメアド古いせいで変更できない)忘れて閉鎖中。

仲の良い戦記さんにお願いして場所借りました。

大阪フェスタレポは対戦メモとってなかったので概要と感想のみですが、
リセOTが始まってから私のやったことを少し書こうかと思います。

発売以降、単色というデッキが面白くないので日々混色を考えていました。

日花(花日も当然)が一番わかりやすい強さですが、
花絡み全般強い要素あるのはわかるので
当初は花以外を使う予定でした。(使う人わりと居るかなと)

カード資産共有している相方が花単で特訓していて、雪はカード足りない。
残るのが月、宙、日のカラーなわけです。

月のメディアリリィ見ると日月が真っ先に思いつきます。相打ちが発生しやすく軽量多数でいけるのでは?

イメージ 1

仮組していないので空想だけでは強そうですが、供給が追い付かないし、
相打ちしても通るのは一列3点のみ。しかもリリィ列が穴になるので打点レーストントンで
リリィ分ハンド消費してて厳しい印象。

イメージ 2

次に宙のオダステの多さに注目。
オーダーステップは現状の先行有利をひっくり返す要因足りうる存在で、
終盤防御に下がって前に死にやすいパンチャー置いたりしてフィニッシュ圏調整もしやすい。
これに日の軽量と移動キャラ採用すると超強いと思いました。

イメージ 1

地元付近一番最初の大会(参加者AMATSUと霧風の三人のみで寂しい)で使用。
感触は悪くない。ただEX処理と色拘束に悶絶して何もでずにハンド4枚溜まって
SRセイバーが能力言えねぇよえぇみたいな場面大多数。
宙単に勝って花単に負けました。

イメージ 2

何回かやって思ったのは、先行有利且つこいつ出したら負けねぇ!みたいな環境なので、
後攻でSRネロ出してご褒美撃つと大体のキャラは一方取れるという
ロマンデッキに進化。一時期ヴラドに日向ぼっこさせる鬼畜デッキに転向したけどそれは弱かった。
基本は宙のオダステ効かせて日軽量キャラとドレイクとSRネロが頑張るデッキに。
宙日の方向性はこれで固まったのでとりあえず完結。(フェスタ候補一号)
ちなみにカルデアス信者なので3積がデフォでした。
SRセイバーとかアルテラとか守りに入るときあると強かったよ。
動きが楽しいデッキですが引き要求値高めでキャラ追加やネロ下げるタイミングとか難しい。

次は大多数の色が3ハンドDMG3が主力で、
これ二体並べるくらいなら2ハンドDMG3を3体並べた方が一列分得して強いな!
という視点から、2ハンドDMG3以上は日に3、月花宙に1ある。
レオニダスは超強いが宙コストきついので残りの色でやることにしました。
特に花と月には1コスで出る優秀な3123(Rエリとプロトランサー)、
ヘクトールにメディアリリィ(花月双方)と超絶優秀な集団がいます。
しかも令呪がコストフィルターとして働くので無理なく入る特典付。

イメージ 1

日花月が脳内完成。大体5:4:1の色割合。
ステンノエウリュアレの花要求値が高いのでばっさり削って上記1コスト花組以外に
マリーとアーラシュ、メドゥーサのみ採用。月はリリィとプロトランサーのみ(お団子リストラ)
日花月6:3:1みたいな感じになる。
もうヘクトールとRエリだけで良くね→8:1:1の日t月花というデッキになる。

が、日単と戦ってフルボッコにされ心が折られそうになる(諦めてはいない)。

イメージ 2

相打ち解答としてライブツアーとかいうカードもあるけど噛み合うタイミングが難しいです。
取り合えず意識切り替えて他のデッキにしよう。
ちなみに花メディアは余っていなかったためこのデッキに積めなかった。後のフラグ。

ここから本戦デッキ制作の切っ掛け
宙日組んでる傍ら、月パーツが余っていたので月単組むかと思ったが、
スターターの余りで花パーツがあったので月花を組む。
ステンノエウとメドゥーサ、マルタ、ヘクトール、Rエリザと余り物感のすごい内容だったが
フリーで普通に勝てて驚いた。パンチャー(DMG3以上)少なすぎて待ちゲー寄りなのが難題。

碌に対戦経験がないままだったけど、前日調整に誘っていただいたのでホイホイ前日大阪へ。
大所帯すぎてあんまできないタイミングもあったけど貴重な体験多数。
宙日は事故との勝負に勝てなかって芳しくない。ボロ負けというほどではなかったのですが。

ここで友人Aから花パーツ使わなさそうなので借りることができ、デッキコンセプトとして
月の強い面は残したいので、なるべく月は濃いめのままにしとこうと思う。
月パンチャーが足りないので小次郎とかジルドレ多めだったけど、
小次郎→アーラシュと比較した瞬間即抜け。
元から攻め手少なく、SRエリザとSRマリーは決定力大きいので採用。
マリーはアーラシュやサポ相手の都合とか考えて3にしてみた。
花枠がマルタくらいしか削る場所がない悲劇。しかしマルタのサイズは優秀すぎる・・・
DPあげるアイテム、ex1月メディア、お団子、
シェイクスピアとジルドレ(メドゥーサ強すぎないか)等の月カードがどんどん消えていく・・・

イメージ 3

あれ、これって月花じゃなくね。最終的に花やや多めのほぼ半分。
・・・混色で半々の割合とか唾棄すべき存在じゃないのか?(引き予測が超不安定になる)
優先して積みたい花カードの中に花メディアリリィがあったのだけど、
借りる相手がいなかった・・・仕方ないね。このままいこうか。

で、出来上がったデッキがこれになります。

イメージ 4

____________________________________________________________

大会レポ

リセフェスタ大阪20170318

使用デッキ:宙日と最後まで悩んだけど花カード借り物で優勝賞品メディアリリィなので月花

デッキ特徴:花と月のSRと月の一部のカードを利用して打点差をひっくり返す

復帰一発目が7回戦とか冗談きついぜ・・・

イメージ 5

オープンとか何回戦なんだろうかといまから震える(武者震い

詳細覚えてないので概要ですが

1回戦:日単 相手先攻
信長とタマモとか弱めだったけど、こちらのミスで信長列ではなく
空き列に月リリィ出してそこにRドレイク合わせられて延々4点殴られる。
さらに信長列に相打ち合わせてしまって滑り込みやお代わりの恐怖に怯える羽目に
終盤ブロッカーにカルデアスされ、こちらも攻撃してきたドレイクにカルデアスしたら
お代わり信長突撃で危ない予定だったけどお代わり来ず勝ち。
一応ジャンヌで信長DMG0にしてやり過ごす予定だった。

2回戦:花単 相手先攻
盤面が清姫マリージャンヌとかされてサイズ圧死しそうだったけど(止まらない)
複数回にわたってプレミがあったが鬼の心で指摘せず。

イメージ 6

昔は逐次口だしたり(余計なお世話)、能力宣言忘れてたり
使い方間違っても巻き戻しする度量はあったのになぁと自己嫌悪。

イメージ 7

実質負けだった辛い戦い。

3回戦:日花 相手先攻
本日1,2を争う対応力を発揮した戦い。SRエリとSRマリーの黄金コンビが唸る。
相手がDFにSRマリー置いて打点負けしないようにするも相手AFが信長金時SRネロなので
マリー列にメドゥーサ配置して加速防止。この列は止まって金時と信長が通る。
SRマリーとSRネロでこちらのSRエリザのサポ値が怪しかったけど
反対側でずっと殴られてた相手信長にヘクトール合わせてSRマリーのSP盛ってSRネロ落とす。
(終盤手前の7点は大きいので止めてきた)。
終盤チャンプ合わされ続けてちょっと残デッキ危なかったけどカルデアス二回撃てる状況完成して勝。

4回戦:月単 相手先攻
ジャンヌ対戦になってお互い早々に能力起動。
打点勝ちしてたと思ったけどカルデアス二回受けてごまかされる。
終盤相手のオリオンのステップ滑り込みが強すぎて死にそうになる。
2ターン耐えるプランか、SRマリー守って相手の打点通して次ターンオリオン出すための月コスト引けるのを祈る二択が発生。

オリオン、きみに決めた!

イメージ 8

片方花コストでドッキリしたけど月コストひけたのでオリオンから5点通って勝。

5回戦:日単 相手先攻
相手普通の動きに対し、こちらマリガン後の手札死んでてRエリザとジルドレ前。

イメージ 9

中盤にSRエリザ出せてギリギリ追い付けそうかと思ったら、カルデアスされて花コスト出せずに再登場までに大差ついてフルボッコ。負。
ここまでよく事故ってないもんだよとは思った。
ちょいちょい対戦相手からよくそれで回りますね(勝てますね)って感じのコメントはあった。
誉め言葉と思うけど複雑だw

6回戦:花単 相手先攻
Rエリザステンノ両脇スタートに対して返しRエリザ前後ろステンノでRエリザに合わせる。
SRマリー追加からRエリザが欲張パンチしてきたのでSRマリーにカルデアスして一方ダウン。
テンポ崩したので手札に残してたエウリュアレ出してしばらく8点通る。
相手もSRマリー追加やRエリザ対面に相打ち合わせたり打点差はつかないまま終盤へ。
終盤の決め手の記憶がすっぱり抜けている。勝

7回戦:日単 相手先攻
ここまで読んで頂いて気付いて頂けたでしょうか。
俺の右手は後攻しか取ってくれない(涙

イメージ 10

相手玉藻前Pネロとかだったと思うけど返しSRエリザRエリザプロトランサーと痛そうな布陣完成。
玉藻前にカルデアスが決まる。ダレイオス合わされたけど月リリィで両端が通る。
ただし打点差が先攻分なかなか取り返せなくて終盤にモーツァルトで玉藻前止めて
エウリュアレがドローアウト圏まで働いて勝。

結果:6-1で3位入賞

イメージ 11

色々ある内容でしたが宙と雪踏んでないのでどんな相性かは気になるところ。
先攻の日が強すぎてDF3体並べても解決してくれないことが多く、悲しい。
いろんなもの駆使してギリ勝が多かったので強いデッキかと言われたら
まぁ強いカードの塊なので弱いわけはないのですが、
キャラ出ずに苦しむのは混色だと結構効いてきます。トップ解決は辛いので
相手よりワンテンポ遅れた展開を意識して次に出すキャラプランは立てつつも必要場面以外
無駄手札消費のカットと打点突き放し、相打ちはメリット考えてしか行わない意識が重要かと思います。
特に移動キャラのみの日とかになると止まらないのでDFに
ハンド6割くのはもったいないと感じてしまう。なので場所無視して仕事する
モーツァルトやジャンヌは月を印象付ける強カードだと思いました。
あとはサポ強要できる状態での月のDP3ですね。

東京の分布的にタッチ月とか居ても月混色を真面目に検討した人が少なそうなのでやってみました。
なんとか結果を残せたので混色も捨てたものではないと思って、
各地での新デッキタイプを楽しみにしております。
名古屋とか花以外での混色登場したりしないかな?とか。

あとは霧風さんのレポにバトンタッチ

※一部霧風による編集がありますのでご注意下さい
霧風のレポ(http://blogs.yahoo.co.jp/meteor_stream723/41908971.html)

-Lycee overture

Copyright© Lycee(リセ)戦記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.